政治

衛藤晟一の家族、経歴は?衝撃の選挙法違反の内容とは!!

特別委員会で、衛藤晟一消費者担当相はマルチ商法を行っていたジャパンライフをめぐり

被害者側に落ち度があるかのような発言をしていたと話題です!!

今回は、衛藤晟一議員のこれまでの経歴、家族構成、過去の問題発言などをまとめました。

衛藤晟一の経歴

https://twitter.com/etoseiichi
https://youtu.be/Pn-sJKXXqWA

1947年10月1日生まれの73歳です。

大分県で生まれ育ち、市議会議員、県議会議員、国会議員と順調にステップアップされました。

また、若い頃から右派の活動家としても活躍されてきました。

衛藤晟一の学歴

1960年大分市立住吉小学校卒業

1963年大分市立碩田中学校卒業

1966年大分県立大分上野丘高等学校卒業

1966年大分大学経済学部入学

です。

また、学生の頃に保守派の「学生協議会」を率いて、活動家、運動家として有名でした。

衛藤晟一の政治家としての経歴

昭和48年

大分市議会議員選挙初当選(最年少25歳)
市議会議員2期目に大分県議会選挙に挑戦

昭和54年

大分県会議員に当選 2期

平成2年

衆議院議員初当選 4期
自由民主党社会部会長
運輸政務次官
自由民主党政務調査会副会長
衆議院厚生労働委員長
厚生労働副大臣等歴任

平成19年

参議院議員選挙 比例区で当選(202,314票)
自由民主党政務調査会厚生労働部会長
参議院自民党幹事長代行
自由民主党障害者特別委員長
自由民主党政務調査会長代理

平成24年

内閣総理大臣補佐官(教育再生、少子化その他国政の重要課題担当)に就任

平成25年

参議院議員選挙 比例区で当選(204,404票)

令和元年

参議院議員選挙 比例区で当選(154,578票)

一億総活躍担当、領土問題担当、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、少子化対策、海洋政策)に就任

現在の役職

一億総活躍担当、領土問題担当、内閣府特命担当大臣

(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、少子化対策、海洋政策)

文教科学委員会委員

http://www.eto-seiichi.jp/profile/

この経歴を見る限り、なかなかの大ベテランという感じですよね。

また、25歳から議員として活動しているあたり、筋金入りの政治家ですよね。

これだけを見ると順風満帆という感じに見えますが、実は苦労人です。

詳細は家族構成のところで、話します。

衛藤晟一の家族構成

まず、衛藤晟一の父は戦争の時に負傷しています。

また母親は衛藤晟一が高校1年生の時になくなっています。

母が、人の役に立つ仕事をして欲しいということで、政治家を志ます。

ただ、父、母共に政治の世界に繋がりは薄く、衛藤晟一の妻の力を借りることになります。

妻は、ヒロ子さんで、大分県議会の議長も務めた矢野竹雄さんの娘です。

地元では、矢野竹雄はかなり政治力があります。

矢野竹雄が衛藤晟一を選挙で支援したエピソードが事務所のブログにありました。

むせるような山々の緑に響き渡る蝉しぐれ。空は抜けるように蒼く高く、雲はほんの少し手を伸ばせば今にも掴めそうだ。大分県佐伯の自然は、日ごろ忘れかけた郷愁を漂わす。「こんな青空を都会では見たことがない」。

 この日(7月31日)は、オヤジ(衛藤晟一)の岳父、矢野竹雄先生(享年95歳。元大分県議会議長)の告別式のため久し振りに大分入りした。街の花屋中から集められたと思わんばかりの献花に飾られた斎場は、会葬者で溢れかえった。これも一重に故人の人柄が成せる業か。今から20年以上前、私がまだオヤジの随行を担当していたころ、矢野先生には随分と可愛がっていただいた。「はい、どうも」が口ぐせで、ひょうひょうとしながらも優しい眼差しでほほ笑む顔が、ついこの間の事のように思い出す。改めてご冥福をお祈りいたします。(日本全国の支援者の皆さまから、数え切れない弔意をいただきました。また、遠路遙々会葬にお越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。心より感謝するとともに厚く御礼申し上げます)

 そういえば先生から「晟一は選挙が弱いからな。わしがまだまだ頑張らないといけん!」と言われるたびに、自身の秘書としての不甲斐無さに涙が出そうになったっけ。
 「選挙での借りは選挙でしか返せない」のが私たち業界の仕来り。その機会が来年、6年ぶりに訪れる。絶対に負けられない戦いがそこにある。「矢野先生、見ていてください。来年の選挙では必ず一番手柄を挙げて見せます。そのことが先生への唯一の恩返しと思っていますから…」。(M)

https://ameblo.jp/eto-seiichi/entry-11933532754.html

衛藤晟一には2人の息子がいます。

長男は衛藤博昭で、1979年11月25日生まれです。

慶應義塾大学商学部卒業後、三菱重工株式会社入社します。

34歳に退職し、35歳の時に大分県県議会選挙に出馬し、当選しています。

https://etohiroaki-official.com/profile/

趣味は読書とジョギングで、好きな言葉は独立自尊です。

次男の衛藤嘉隆は、1984年5月5日生まれです。

詳しいプロフィールはわかりませんでしたが、お名前を検索したところ

おそらくですが、社会福祉法人、仁愛会の役員をつとめている可能性が高いです。

http://yusuhara.org/yakuinmeibo.html
http://yusuhara.org/yakuinmeibo.html

この事業所は大分にあり、理事長欄に衛藤博昭の名前があるため、高い確率で本人と考えられます。

父の世代から、福祉を重要視していると考えられます。

衛藤晟一の評判、功績

郵政民営化の時に、反対票を投じ、当時厚労省副大臣を罷免されました。

ここでも、自分自身の信念を貫き通す姿勢が見て取れますよね。

その後の衆議院議員選挙では無所属で出馬することになり落選しました。

しかし、2007年には郵政造反組として当選しました。

また、前述したように衛藤晟一は安倍晋三の父の晋太郎の支援を受けて当選していたため

安倍晋三との関係は良好です。

安倍晋三の初当選からの先輩ですし、98年までは同じ三塚派に所属していました。

また、安倍晋三は小渕内閣の時に、衛藤晟一の進言で党の重要ポストである

社会部会長に就任しており、衛藤晟一は恩人である。

そんなこともあってか、今回、大臣に抜擢されていると考えて良さそうです。

衛藤晟一が選挙法違反?

参院選での選管による得票数不正操作事件というものがあります。

これは、衛藤晟一ではなく、選挙管理委員会によるミスです。

比例区で20万4000票以上を獲得し、当選しました。

しかし、香川県高松市では得票数が0と表示されました。

地検の操作によると、高松市職員が312票を集計せずに、無効票の箱に入れるなど

隠蔽工作を行いました。

ちなみに隠蔽工作の動機は開票中に票を紛失したことを隠蔽したかったからということです。

前代未聞で、とんでもないことですよね。

衛藤晟一の家族、経歴は?衝撃の選挙法違反の内容とは、まとめ

衛藤晟一は問題発言がありましたが、政治家としてはベテランです。

また、長男、次男ともに福祉分野で尽力しています。