災害

停電した後にご飯を温める方法、レンジは不要!!パックご飯はそのままだと食べられないので注意!!

台風の被害として、停電が起こることが考えられます。

そんな時のために、レンジを使わずにご飯を温める方法をお伝えします。

その前に、そもそもパックご飯はそのまま食べられるのでしょうか?

パックご飯はそのまま食べられる?

食べることはできますが、消化はできないので全くお勧めできません。

これからお伝えする方法で、温めてから召し上がることをお勧めいたします。

必ず電子レンジで加熱調理してお召し上がりください。

ごはんの主成分であるでんぷんは、米の状態(生でんぷん)では人は消化できません。

これを炊飯による加熱でごはんの状態(糊化でんぷん)にすると、消化できるでんぷんとなります。

しかし、これを放置するとでんぷんは徐々に生でんぷんに近い状態(老化でんぷん)になり消化できなくなります。

「サトウのごはん」はこの状態で店頭に並んでいます。

老化でんぷんは再度加熱することで糊化でんぷんにもどります。

ですから、「サトウのごはん」は必ず加熱してお召し上がりください。

http://www.satosyokuhin.co.jp/inquiry/faq.php

停電した後に、レンジを使わずにご飯を温める方法1、水やガスコンロ設備がある場合

余り物ご飯編

炊いたけれども余ったご飯を温めるには、まず湯煎対応のビニール袋を用意します。

ここで、買えます。https://www.amazon.co.jp/ワタナベ工業-食品用ポリ袋-80枚-冷蔵・冷凍から湯せんまで/dp/B00Z8P06D8/ref=as_sl_pc_as_ss_li_til?tag=bean888-22&linkCode=w00&linkId=b0f2bc8c0220f8921cde029f5b850eaf&creativeASIN=B00Z8P06D8

ここでも買えます。https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/4901140620010/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

そして、ご飯を袋の中に入れて、沸騰したお湯の中で5分、時々動かすことでホカホカのご飯の完成です。

もしくは、蒸し器を使って、ご飯を温めることができます。

パックご飯編

パックご飯の場合も湯栓を行います。

鍋の底にパックの底がくっつかないように水を加えます。

そして、15分ほど温めればホカホカご飯の完成です。

サトウ食品のホームページに詳しく記載されていますので参考になさってください。http://www.satosyokuhin.co.jp/inquiry/other_cooking_rice.php

ちなみに…

サトウのご飯などのパックご飯には賞味期限はあっても、消費期限がないものが多いです。

味はだいぶ落ちると思われますが、体には問題がないことが多いので命をつなぐために

非常時の際には召し上がることをお勧めいたします。

停電した後に、レンジを使わずにご飯を温める方法2、水が使えず、火力設備がない場合

どちらも共通で、カイロで温めることです。

もし、エディックスチームシェフなど、食品加熱キットをお持ちであれば使えます。

ない場合は、カイロを10個と、タオルを用意されることをお勧めいたします。

というのもエディックスチームシェフも水を入れて暖かくなるものなので

仕組みとしてはカイロで十分代用できます。

温めたいご飯のパックや、ビニール袋に入れた余り物のご飯

の下にカイロを6つ、上に4つほど載せます。

出典(https://retort-rice.com/post-244/)

そして、フェイスタオルなどで包みます。

出典(https://retort-rice.com/post-244/)

そのまま45分ほど置いておくと、熱々のご飯の出来上がりです!!

出典(https://kurabeta.jp/packgohan/)

停電した後に、レンジを使わずにご飯を温める方法、まとめ

パックご飯をそのまま食べることはできないので、温めてから召し上がってください。

蒸し器や、鍋、ガスの設備があれば湯煎ができますが、ない場合はカイロで温めることが可能です。

もし、避難することになっても、ご飯を召し上がってください。