災害

台風時の停電に備えて備蓄するべき食料や、それ以外のものはある?窓ガラスが割れたら?ハザードマップは?

台風が迫ってきました。その際に、停電したり、避難する可能性があります。

台風や停電に備えて、持っておくべき食料やそれ以外に備蓄するべきものをまとめました。

出典(https://weathernews.jp/s/topics/201910/100105/)

台風時の停電に備えて備蓄するべき食料は?

台風時の停電に備えて備蓄するべき食料は、何日分用意すべきでしょうか?

少なくとも、3日分、できれば1週間分の食料を備蓄されることをお勧めいたします。

飲料水は1人、1日3リットルで3日分なので9L

非常食は3日分の食料として、6000カロリー分用意されることをお勧めいたします。

ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなどの、調理せずとも軽くて

持ち運びしやすいもの中心に備蓄されることをお勧めいたします。

このようなものがアマゾンで売っています

興味がある方は、ぜひ

https://www.amazon.co.jp/Defend-DD-EFK-7D-【栄養士×防災士監修】5年保存の非常食セット-栄養バランスを考慮した心も身体も満たされる非常食セット-7日分/dp/B06XK7HQDY/ref=sr_1_20?adgrpid=53629853496&gclid=Cj0KCQjwrfvsBRD7ARIsAKuDvMMgasvRjXjPpByc2ZQ3Q-BsKZ8r2mlJLgU7_9QCtTTgpQQfznjeJyYaAsnUEALw_wcB&hvadid=259181912867&hvdev=c&hvlocphy=1009279&hvnetw=g&hvpos=1t1&hvqmt=e&hvrand=856242779053418113&hvtargid=kwd-334529191433&hydadcr=25657_9640396&jp-ad-ap=0&keywords=災害バッグ&qid=1570768871&sr=8-20

もう、間に合わないという方は、近くのスーパーやコンビニに行って菓子パンなどを買い込むことをお勧めします。

台風時の停電に備えて備蓄するべきものは?

また、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロ

用意されることをお勧めいたします。

このようなものがあります。

https://www.pro-bousai.jp/shopdetail/000000000001/?gclid=Cj0KCQjwrfvsBRD7ARIsAKuDvMNAMt8tj4DJsYUEug59aYR3owb-a7zmaXWVk_41xaSeXkDCEr-lx9MaAp58EALw_wcB

さらに、次のものの場所を確認し、リュックに入れておくことをお勧めいたします。

  • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
  • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  • ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手
  • 懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器
  • 衣類、下着、毛布、タオル
  • 洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレ
    ※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

台風時の停電に備えて、家族に電話や安否確認をしましょう

災害用伝言ダイヤルがあります。

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

※一般加入電話や公衆電話、一部のIP電話から利用できます。

ここからより詳細な情報が確認できます。https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2090.html

災害用伝言板があります。

携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。

ここからより詳細な情報が確認できます。https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2719.html

台風時の停電に備えて、ハザードマップを確認しましょう

ここから、各市町村のハザードマップに飛べます。http://disaportal.gsi.go.jp

台風時の停電に備えて、窓の補強を行いましょう!!

窓の補強を行いましょう。

外側の補強で窓が割れることを防げます。

内側の補強で飛来物が当たっても、粉々に砕かれることがないため

二次被害を避けることができます。

台風時の停電に備えて行う、外側の補強について

シャッターを閉めたり、雨戸を閉じましょう。

それがなければ、ダンボールを窓の外側に貼りましょう。

もし、網戸の立て付けが悪い場合な飛ぶと危ないので外すことをお勧めいたします。

台風時の停電に備えて行う、内側の補強について

用意すべきものは、養生テープ、なければ布ガムテープ、マスキングテープ、梱包用テープなどでも構いません。

なければ、サランラップとダンボールでも代用できます。

出典(https://nobiciro.com/urawaza/8305/)

さらに、養生用テープを使う際にもダンボールとセットで補強を行うとより効果的です。

台風時もし、窓ガラスが割れてしまったらどうする?

すぐにその部屋から離れるか、毛布などでご自身の体を守ってください。

窓ガラスから雨風が入ってくるのが気になる気持ちはわかりますが

命には代えられません。

暴風が止むのを待って、修理屋さんに連絡しましょう。

台風時の停電に備えて備蓄するべき食料や、それ以外のものはある、まとめ

台風時の停電に備えて備蓄するべき食料は、目安で3日分です。

水を1人あたり9L、食料を6000キロカロリー程度準備されることをお勧めいたします。

ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなどを準備されることをお勧めいたします。

トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロ、貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)

救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)、ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手、

懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器、衣類、下着、毛布、タオル

洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレ
※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

家族への安否確認のために、伝言をしましょう。

またハザードマップを確認することをお勧めいたします。