政治

菅原一秀の経歴、学歴は?秘書に給与を上納させたのはなぜ?収支報告書に記載されない理由は?過去の不祥事まとめ

菅原一秀の経歴、学歴、秘書に給与を上納させた理由について記事を書きました。

文春が菅原一秀経産相について、報じました。

「私設秘書だった私はある時、菅原氏から『公設秘書にしてやる』といわれたのですが、同時に『国からの秘書給料は40万円程度だ。毎月10万円は事務所に入れなさい』と寄附を要求されました」

出典(https://bunshun.jp/articles/-/14587)

複数の秘書の方が、事務所で雇用している公設秘書の給与と、私設秘書の差額分を寄付して欲しいと頼まれたそうです。

そして、その寄付の分は収支報告書には記載されていないのです。

公設秘書の給与の原資は、血税なので菅原一秀の経歴と、これは徹底的に調べる必要がありますね。

菅原一秀の経歴、学歴は?

菅原一秀は1962年1月7日生まれの58歳

出身高校は早稲田実業高校

早稲田大学政治経済学部を1987年に卒業しました。そのあと、日商岩井に入社しました。

  • 1991年4月東京都練馬区議会議員(2期) 
  • 1997年7月東京都議会議員 
  • 2003年11月衆議院議員 
  • 2006年9月厚生労働大臣政務官 
  • 2009年10月自民党遊説局長 
  • 2011年10月自民党経済産業部会長 
  • 2012年12月経済産業副大臣(第2次安倍内閣) 
  • 2014年12月財務副大臣(第3次安倍内閣) 
  • 2015年10月自民党ネットメディア局長 
  • 2019年9月経済産業・原子力損害賠償担当大臣(第4次安倍再改造内閣)

など、そうそうたる役職についています。

菅原一秀が秘書に給与を上納させたのはなぜ?

「『どうしても助けて欲しい』というので40万円の寄附をしましたが、その後も(菅原氏から)何度もしつこく『うちの事務所の事情分かるでしょ。寄附してくださいよ。領収書も出すから』と言われ続けました。ある30代の若手秘書は、私設から公設になった途端、その差額分を支払うよう言われ、実際寄附をしていましたが、会計処理上は収支報告書に記載されていませんでした」

引用(https://bunshun.jp/articles/-/14587)

ここから、事務所が火の車なのかなと推測されますが

本当にそうなのでしょうか?

まずはこのピンハネしたお金がどこに行ったのかを調べてみました。

菅原氏は初当選から長年地元の有権者に対し、“買収”とも言える寄附行為を続けてきました。

これが、贈答品リストです。

また、練馬の選挙区内で、夏祭り、町会の新年会に5000円の茶封筒を配ったり、消防団に

2000~3000円相当のみかん箱を送るなどしています。

また消防団の旅行の際に、5000円が入った茶封筒を手渡ししようとしたこともあります。

さらに、選挙区内の神社に奉納を毎年行っています。

これらの恒常的なばらまきが事務所の収支を圧迫したそうです。

なお、これらの取引は収支報告書には一切記載されておらず

https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1820566

これらの裏帳簿に記載されています。

ただ、自分のデートにはお金を使っていたらしく

菅原氏は銀座の高級クラブ「G」で知り合った当時二十代の元ホステスと交際していた。 その当人が次のように証言する。「彼はとにかく高級志向で、デートは一人四万円のふぐ料理屋。交際半年間でルブタンの一足約十万円のパンプスを三足、ミュウミュウやルイ・ヴィトンのバッグなどを買ってもらいました。地元で彼は庶民派をアピールしていますが、普段はベンツを乗り回し、有権者にバレないように、わざわざ(選挙区外の)中野区の駐車場に停めていました。また『俺、二十五歳以下の女がいいんだよね。それ以上は女じゃない』と女性蔑視の発言が多かった」

https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1820566

とやりたい放題です。

菅原一秀の過去の不祥事は?

過去の不祥事の中でも特に、まずいなと思ったものを3つ挙げます。

能登半島大地震時に、税金を使って野球大会に参加

2007年3月25日に能登半島大地震があった際に、税金を使用し

東京ドームで米国会議員vs国会議員1期生の野球大会に参加しました。

うーん、国会議員として他にできることはなかったのでしょうか?

菅原一秀には過去にも、秘書の給与をピンハネした疑惑があります。

6月まで氏の公設第一秘書を務めていた人物が

こう語る。

 「昨年11月に月給25万円で私設秘書として

 採用されたのですが、今年1月に前任の

 公設第一秘書が辞めたので“やらないか”と。

 私は経験が浅いので固辞したのですが・・・・。

 公設第一秘書になって給料は名目上40万円に

 跳ね上がったものの、

 “他の事務所でもやっているから”と私設のときの

 給料との差額15万円を党支部へのカンパとして

 事務所に払い込むように言われました。

 実質的には強制です。

 その際に受け取った領収書も手元に残っています。」

なんとも露骨なピンハネではないか。

ここは菅原代議士本人にご説明いただこう。

 「彼はまだ経験不足でしたし、他にも公設秘書に

 ふさわしいベテランの私設秘書がいたのですが、

 結婚を考えている彼女がいると聞いて、

 親心から彼を公設にしたのです。

 カンパは本人の意思で、

 こちらから強制したということは断じてありません。

 合法的に処理されており、

 領収書もきちんと発行しています。」

“危険球退場”とならぬようご注意を。

週刊新潮 2007年11月1日号より引用

事実関係はわかりませんが、もし事実だとすれば

親心などと、訳のわからない理由で公設秘書の給与の一部、つまり税金をピンハネをしていたことになります。

許せませんね。

をついて、国会を休んで愛人とハワイ旅行

2013年に、国家を休んで愛人とハワイでゴルフ三昧です。

また、その際に衆議院には政治経済の視察と嘘の申請をしました。

問題は13年に彼女を連れてハワイへ行ったことだ。当時、菅原氏は経産省副大臣。飛行機は別々で現地で落ち合った。菅原氏は連日ゴルフ三昧でA子さんは心配したが、「ウソを申請したから大丈夫」と嘯いていたという。週刊文春が調べたところ、そのときは衆院議員運営委員会に「政治経済事情視察」として請暇願いを出してあった。本当にウソをついていたのだ。

   旅行後、すぐ切れるモラハラ男に嫌気がさして彼女は別れたそうだ。週刊文春の取材に対して菅原氏は、A子のことは思い出せないととぼけていたが、一緒に食事したことなどは認めた。ハワイに行ったことも認めたが、ゴルフ三昧などではなく、現地の実業家などと日本とハワイの経済交流などについて意見交換したと答えてきた。

   A子さんは「ハワイでは連日早朝からゴルフをして、寝る前までほとんど一緒でした。ハワイにいることがバレたくないからと、ゴルフが終わって晩ご飯に出かけるまで、人に会わないよう部屋にこもっていて、意見交換の時間なんてありませんでした」と証言している。

出典(https://www.j-cast.com/tv/2016/04/01263013.html?p=all)

菅原一秀の経歴、学歴は?秘書に給与を上納させたのはなぜ?収支報告書に記載されない理由は?過去の不祥事まとめ、まとめ

菅原一秀の経歴は早稲田実業高校、早稲田大学政治経済学科です。

秘書に給与を上納させたことについて、納得いく説明はありません。

また、過去の不祥事として、地震の際に野球を行ったり、秘書の給与(税金)をピンハネしたり

愛人と国会をサボってハワイに行ったりと問題だらけです。

これから、国会で質問されると思いますので注目です。