ニュース

鈴鹿サーキットは増税で料金の値上げをする?増税に合わせて値段が上がるアトラクションはどれ?

最近、同僚と昔話をしていて、小学校の頃の話が話題になりました。小学校の修学旅行で鈴鹿サーキットに行ったことがあるなとふと思い出しました。その時はプートというキャラクターがほのぼのしているので好きになりました。

自分が好きになったテーマパークが一体、消費税増税でどの程度値上げするのか、調べてみたくなりました。

鈴鹿サーキットは増税で料金の値上げするのか?

鈴鹿サーキットでは2019年の10月から消費税増税に伴いメインのテーマパークの値上げをします。

鈴鹿サーキットの中のモートピア(テーマパーク)の入園券が2019年9月30日までは

大人(中学生以上) 1700円 子供 800円 幼児(3歳以上未就学児) 600円 シニア(60歳以上) 1700円なのが、10月1日からは大人(中学生以上) 1800円 子供 900円 幼児(3歳以上未就学児) 700円 シニア(60歳以上) 1800円になります。

また、入園券と乗り物乗り放題がセットになったモートピアパスポートは、2019年9月30日まで大人(中学生以上) 4300円 子供 3300円 幼児(3歳以上未就学児) 2100円 シニア(60歳以上) 3000円なのが、10月1日からは大人(中学生以上) 4400円 子供 3400円 幼児(3歳以上未就学児) 2200円 シニア(60歳以上) 3100円になります。

ただ、プール券やサマーパスポートの値段は据え置きです。

値上げはされますが、魅力のある遊園地であることは間違いありません。

鈴鹿サーキットで増税に合わせて料金が上がるアトラクションはどれ?

増税に合わせて、値段が上がるアトラクションは1つだけあります。他のモートピアパスポートが利用できるアトラクションの値段は据え置きです。

入場料だけ値上げされるという良心的な価格改定ですね。ちなみに、増税に合わせて料金が値上げされるのは、サーキットチャレンジャーです。このアトラクションを自分で乗ってめちゃくちゃ楽しかった思い出があります。このアトラクションは、実際にF1日本GPを開催する鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを舞台に、ゴーカートを運転できるというものです。2019年9月30日までは、1500円ですが、10月1日からは1600円になります。

まあ、100円値上がりしても、面白いアトラクションであることは間違い無いので、9月の3連休でお出かけされる際には、一度足を運ばれると面白いと思います。

鈴鹿サーキットが増税で値上げしようと関係ない!!面白いアトラクション5選はこれ

サーキットチャレンジャーが個人的には一番好きですが、それ以外で5つほど、昔の記憶(何年前やねん)を頼りに紹介していきます

アドバンストカート

 身長140cm以上の人なら楽しめる、レーシングカートです。かなり本格的な作りでした。

最高時速は60kmも出るカートに乗れます。ただ、2019年10月31日を持って、このアトラクションの営業は終了するそうなので、興味がある方は早めに体験されることをおすすめいたします。

モトファイター

国際サーキットの設計を取り入れたコースをバイクで走れるというものです。最高時速は15km程度ですが、最速のラップタイムを目指すのに夢中になること間違いなし!!

アクロエックスエボリューション

オフロードマシンを操作する感覚が味わえます。25度の急勾配を上り下りする箇所もあります。

サーキットホイール

地上50m 海抜100mの景色を楽しめる観覧車。眺望はなかなか綺麗。

ロッキーコースター

鈴鹿サーキットの中で、唯一と言ってもいい、怖いジェットコースターです。自動車との関連は薄いですが、怖さを味わいたい人におすすめです。

鈴鹿サーキットは増税で料金の値上げする?増税に合わせて値段が上がるアトラクションはどれ?10月いっぱいで営業終了するアトラクションは?まとめ

鈴鹿サーキットは増税で値上げします。ただ、入園料や乗り物乗り放題のモートピアパスポートの料金が値上げされ、プール関連は値上げされません。また、増税で唯一値上げされるアトラクションはサーキットチャレンジャーです。そして、10月31日を持ってアドバンストカートというアトラクションが営業を終了します。増税で多少値上げされるとはいえ、魅力的なテーマパークですので、3連休の際に家族で思い出作りをされると良いかもしれません。