スキャンダル

上野宏史前厚労政務官の口利き疑惑の真相、経歴は?

週刊文春が報じた外国人在留資格を巡る口利き疑惑を受けて、上野宏史前厚労政務官は辞任を表明しました。

今回は、口利きの詳細についてお伝えします。

上野宏史前厚労政務官のプロフィール

出典(http://www.ueno-hiroshi.jp)

「若さ、クリーン、政策力」って、(笑)

昭和46年2月 父・省之(群馬県沼田市出身)の長男として生まれる。
平成 6年3月 東京大学 卒業
平成15年6月 ハーバード大学大学院 卒業

平成6年4月、通商産業省(現・経済産業省)入省。17年間にわたり、景気対策、中小企業・商店街振興、製造業活性化のための政策立案などを担当。平成22年6月、内閣府総括参事官補佐を最後に退官。

平成22年 7月 参議院議員 当選
平成24年12月 衆議院議員 当選

出典(http://www.ueno-hiroshi.jp/profile.html)上野宏史氏の公式ホームページ

現 職

・衆議院 厚生労働委員会
・衆議院 災害対策特別委員会委員
・国土交通省 国土審議会委員
・党 選挙対策委員長代理
・党 組織局長

ちなみに高校は開成高校です。学歴だけ見るとすごいですよね。

上野宏史前厚労政務官のネオキャリアに対する口利き疑惑

厚生労働政務官を務める自民党の上野宏史衆議院議員は、先週発売された「週刊文春」で、外国人労働者の在留資格の認定をめぐって、法務省に口利きを行う見返りに、東京都内の人材派遣会社に金銭を求めていたなどと報じられ、野党側が27日に開いた会合では、速やかに説明責任を果たすよう求める声が相次いでいました。

これを受けて、上野氏は「金銭の要求など不正なことはしていないが、政府に迷惑をかけたくない」などとして、政務官を辞任する意向を固め、周辺に伝えました。

出典(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190828/k10012052801000.html)

上野宏史は文春の報道を受けて、政務官を辞任するとのことです。詳しい疑惑の内容ですが、これは

人材派遣会社「ネオキャリア」が派遣する外国人の在留資格について、法務省に少しでも早く許可が出るよう口利きすることで、同社からカネを得ようと画策したということです。

そして、文春により、上野氏が政策秘書との打ち合わせで「ネオキャリアからお金もらう案件でやってんだ」「1件につき2万円」などの発言をしたことが音声データと共に報道されています。

またネオキャリア社を上野氏に紹介した女性経営者N氏との会話

N氏「私、手間がすんごいかかるって、ちょっと、わざと(ネオ社に)言っていて(笑)。言った方が値上げできるんで~。(略)高値で売りたいんですよね」

上野氏「許可も極力速やかに出すようにするので、そこで2万ずつ手数料もらうだけでも、まあ月に100万でも入れば」

N氏「そう。私ももうちょっと値上げとか取れる所があると思ったんで(後略)」

上野氏「3とか5(万円)にするとか」

出典(https://bunshun.jp/articles/-/13814)

が、文春によって公開されています。

また、政策秘書A氏に上野議員はかなり高圧的に秘書に、金銭を要求し、コーヒーを床に投げつけたとのことです。そして上野宏史議員があっせん利得処罰法に抵触する行為を平然と指示するのみならず、秘書にも金銭を要求することにA氏は衝撃を受け、事務所退所を決意。即座にやり取りを備忘録として詳細にメモした。自らの身を守るため、翌日のやり取りを録音したとのことです。

(https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-385985/)を参考にしました。

上野宏史事務所の回答

出典(https://bunshun.jp/articles/-/13814)

週刊文春の質問に対する上野宏史の回答です。しっかり音声データはあるのですが…

上野宏史議員に対するまとめ

文春の報道を受けて、政務官を辞任するとのことですが、肝心の説明を果たしていないままです。これだけの不祥事を働いて起きながら、のうのうと国会議員で居続けられるということが大変に不思議です。

なんとしても、東京地検特捜部に動いて欲しいものです。