未分類

2019年に発生した九州豪雨に関して、自衛隊の活動は?ボランティアをする際の注意点は?

九州豪雨の被害状況まとめ

2019年8月28日、午前5時50分、気象庁は福岡、佐賀、長崎に大雨特別警報を発表しました。

地域によっては河川の氾濫なども発生しました。佐賀駅が水びたしになったりしました。

また、佐賀県 武雄市、福岡県 八女市で、男性がそれぞれお亡くなりになりました。     

また、長崎県の平戸、松浦両市でがけ崩れが発生しているとのこと。

これからも、十分な注意が必要ですね。

自衛隊の活動は?

平成29年7月の支援では、人員のべ81950名、車両のべ7140台、航空機のべ169機で福岡県、大分県を主に、支援したとのことです。

今回は、まだ詳しい情報は入ってきておりません。28日午前に、防衛省は陸自体約30人を佐賀県武雄市に派遣したとのことです。

おそらく、これからどんどん派遣する人数が多くなるのではないでしょうか?

2019年の九州豪雨のボランティアの注意点

準備において

九州豪雨の被災地の状況を確認しましょう。

  •  福岡県、佐賀県、長崎県などに入るための交通手段があるか
  •  2019年の九州豪雨のボランティアの窓口があるかどうか?
  •  2019年の九州豪雨で被災した福岡県、佐賀県、長崎県はボランティア募集をしているか
  • どういうボランティア活動が必要となるか

他にも、被災者にボランティア希望者を派遣する団体がないか確認しましょう。

 ボランティア活動の準備をしましょう

  • 持ち物の用意
  • ボランティア保険の加入
  • 九州までの交通手段をしっかりと確保すること
  • 食事、宿泊施設の確保

をチェックします。

被災地での活動

ボランティア活動は、基本的に自己完結を目指します。これは、準備、活動において、出来るだけ、被災者、ボランティア関係者、ボランティア仲間に迷惑をかけずにボランティア活動を行うことです。

ただし、チームワークも大切にして、協力しながら活動することが重要です。

また、原則としてボランティア受け入れ窓口担当の方の支持に従いましょう。