災害

アマゾンで火災が発生、その原因と範囲は?消火はどうやってするの?

地球の肺とも言われるアマゾンで大規模な火災が発生しているようです。

今回は

  • アマゾンでの大規模火災の被害状況
  • アマゾンでの大規模火災の範囲
  • アマゾンでの大規模火災の原因
  • アマゾンに住む動物への、火災による影響
  • 山火事の消火方法は?
  • 私たちができること

について、伝えていきます。

アマゾンでの大規模火災の被害状況

アマゾンでの火災は8月上旬から、約3週間にわたって、続いています。

その数、なんと約7万6000件とのことです。昨年同時期より、85%多いとのことです。今年は、特に森林火災が多く、その規模は過去10年で最大とのことです。

これにより、サンパウロの空を煙が多い、街が暗闇になっているとのこと。

また、火災の煙は大西洋岸まで到達しているとのことです。そして、飛行機の運航に営業がでているとのこと。

また火災に伴い、ブラジル最大のアマゾナス州では非常事態宣言が発令されているとのことです。

アマゾンでの大規模火災の範囲

出典(https://earthobservatory.nasa.gov/images/145498/uptick-in-amazon-fire-activity-in-2019)

NASAの衛星から検知した、2019年の8月15日から22日までの火災の発生位置

思っていたよりも、大規模でした。アマゾン一体で満遍なく火災が発生しているだけでなく、ペルーでも火災が発生しています。

アマゾンでの大規模火災の原因

ブラジルのボルソナロ大統領の公約に、アマゾンを商用に解放するというものがあります。

肉牛農家さんが、牧場の開墾のために火を付けると考えられています。

また、他には、そもそも焼畑が行われた結果、森林がない地域が増え、アマゾンの森林地帯が1つの大きなまとまりではなく、小さな森林の集合体になっていたことがあります。

これによって、各森林の周辺は乾燥した状態になり、また乾季であったことから火災をさらに助長させてしまったとも考えられています。

ただ、環境保護団体が火をつけたと考える人もいます。何れにしても、はっきりとしたことは不明です。

アマゾンに住む動物への、火災による影響

アカハラウロコインコ アマゾンで見つかった鳥の1種
出典(https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/082700493/?P=1)

多くの種の動物が、命を落とす可能性があります。基本的にアマゾンの熱帯雨林が世界に類を見ない豊かさを誇っているのは、火災らしい火災がないからです。

もちろん、自然に発火することもあるのですが、普通は小規模で終わります。被害としては、地面の近くが焼けるだけで、雨で火災は止むことが多いです。

しかし、今回の火災は大規模なので、火災に適応していないアマゾンの生態系の多くが失われてしまう可能性があります。そして、その中にはアマゾンの固有種も含まれており、残念でなりません。

短期的には、水中にいる生物や、素早く移動できたり、空を飛べる生物は生き残る可能性があります。

ただ、長期的には生態系を大きく変えてしまう影響を今回の火災は持っています。

なぜなら、アマゾンの特徴は天井のように生い茂った木々だからです。今回の火災で、それが失われ、陽の光が差し込むことになれば、ニッチな環境に適応してきた生物や、被捕食者は住処を失ったり、捕食者に食べられてしまう可能性が大いにあります。

山火事の消火方法は?

「えっ、火事なのだから水で消すのでしょ」と、思ってました。でも消火栓もなく、消防車も入れない場所で一体どうやって消火するのでしょうか?

ヘリや航空機でしょうか?

ただ、ここまで規模が大きいとヘリや飛行機から、水や消化剤を巻くだけで消火できるのでしょうか?

ちなみに中型のヘリコプターなら一度に700ℓの水を散布できるそうですが、それでも不安です。

また、迎い火いう方法もあるそうで、火事に向けて、別の火を放ち、燃えるものをなくすとのこと。

火を以って、火を制すとのことで意外でした。

ちなみに、8月24日にボルソナロ大統領が軍を派遣して、今後1ヶ月間消火活動にあたるそうです。また、米軍とも協力するとのこと。

アマゾンでの大規模火災に対する、著名人の対応

アップルのティムクック氏が寄付を表明しました。(金額は非公開)レオナルドデカプリオ氏は、5億3000万円を寄付したとのこと。すごい金額です。

また、タレントのローラさんやブルゾンちえみさんもツイッターやインスタグラムで、アマゾンの火災に関する情報を発信しています。

View this post on Instagram

昨日はとてもショックをうけました。今ブラジルでは、大規模な山火事が3週間続いています。なのにこの件はほとんどのメディアが取り上げていません。アマゾンの森林は地球の20パーセントの酸素を生み10パーセント近くの生き物が生息しています。毎日ニューヨークシティの大きさの森が地球から消えています。森が無くなることで地球温暖化はさらに加速し、これから様々な問題が発生します。私たちが何を食べるか、選ぶかで私たちの未来が決まります。みんなでこの事をリポストをしてシェアしましょう😢🙏 #PrayForAmazonia I am very shocked that the Brazilian forest has been burning for 3 weeks now and there has been very little media coverage on this devastation. Brazil’s forest, the largest forest in the world, provides 20% of the earth’s breathing capacity. Research shows that the Brazilian forest is home to 10% of the world’s species and it contains 80,000 different plants. Everyday a forest area, the size of New York City, is lost. The land is then used to produce items to meet human demands, such as livestock farms, Palm oil, etc . What we eat, buy or do is vital to our future environment. Please share with others about what is happening to our planet and what is happening to the Amazon Forest🙏

A post shared by 𝐑𝐎𝐋𝐀🇯🇵🇧🇩🇷🇺 (@rolaofficial) on

私たちにできること

今のところ、寄付を受け付けている団体を見つけることはできませんでした。

ただ、wwfジャパンが、声明を発表しています。近いうちに、支援できるようになるかもしれません。

https://www.wwf.or.jp/activities/statement/4068.html

まとめ

アマゾンで大規模な火災が発生し、多くの生物が失われ、残念です。1日も早い消火を望んでいます。